トップ 最新 追記

digital西行庵

2006|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|07|08|11|12|
2010|01|02|03|04|05|12|
2011|11|12|
2012|01|02|05|
2013|09|
2014|01|02|03|

2013-09-01 入手・追加:きかは便郵

_ 入手・追加:きかは便郵
絵葉書ギャラリー
小野山の上より落つる瀧の名の
   音なしにのみぬるゝ袖かな
          (西行法師)
Otonashi water fall, Ohara. 大原音無瀧(高六丈巾二間半)
入手価格:秘密 Yahoo Auction

 0060 小野山のうへより落つる瀧の名のおとなしにのみぬるる袖かな
   岩波文庫「新訂山家集」「補遺」昭和三年十月五日発行 佐佐木信綱校訂

夫木抄(夫木和歌抄)(延慶三年頃)(1310年頃)所載の歌だが、西行のものだとは書いていない。
 12352 巻廿八:雑十一
をのやまの−うへよりおつる−たきのなの−おとなしにのみ−ぬるるそてかな

あぁ。「都名所図会」の所為だ。
巻之三 左青竜
音無しの滝
 は来迎院の東四町にあり。飛泉二丈余にして翠岩に傍ふて南へ落つる。蒼樹おう欝として陰涼こころに徹し、毛骨悚然として近づきがたし。
 「夫木」
              西行
小野山のうへより落つる滝の名の音なしにのみぬるる袖かな
本日のリンク元 | 62 | 39 | 14 | 6 | 5 | 4 | 4 | 3 | 2 | 2 |

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。